素材、製法にこだわってマルセイユ石鹸を手作りしています。

menu

イケダマルセイユ

ちょっと石鹸作りのはなし^^-新たに石鹸型をオーダーしました-

こんにちは。
早いもので明日は小正月。
みなさんはどんど焼きには行かれますか?
ところで、どんど焼き・・・地域に呼び名が色々ありますよね^^
私が生まれ育った東北の地域では「どんと祭」と呼ばれていたので、正直、未だに「どんど焼き」には違和感があるのです^^;
それでも幼いころは、小雪が降る中、夕方にお出かけするイベントは特別感があって好きな行事でした。

千葉へ引っ越して初めてのお正月だったので、どこでどんな行事が行われているのかもまだよく分かっていないのですが、
ここ、佐倉はどんど焼きも割と派手にやるのだそうで行ってみたいなと思っていたのですが、どうやら明日は雪予報・・・
鼻水小僧の娘を連れて行くにはちょっとむずかしいので、残念だけどまた来年に行くことにしました(TдT)

でも、最近はダイオキシン問題や火災の恐れがあるとしてどんど焼きが出来る地域も限られているようですね・・・
どんど焼きにいけないとなると一年お世話になった神様やお守りたちをどのようにしたら良いのか・・・
調べてみたら、塩をひとふりしてお清めしてから今はゴミ集積所に出すのだそうで・・・なんだかそれはさすがに忍びない・・・
今、すご~く悩んでいます^^;

って小さな小さな私の悩み事です^^;

さてさて、本題です!
春〜夏頃に予定してるお店のリニューアルに向けて早速色々試行錯誤していまして。
まずは大事な石鹸の「型」のこと。

私、実はこう見えて、凝り性なところがあったりして、石鹸の販売を始める前には石鹸のことはどんなことでも知っていたい!という追求心から、
日本だけでなく世界のハンドメイド石けん事情が気になってしまって、台湾、フランス、アメリカ、オーストラリア・・・と石鹸をめぐる旅に出たことがあるのです。
製法や素材は勿論、石鹸の型やデザイン・・・
どの国もそれぞれの国民性を石鹸でも見て取れるようなとても刺激的な経験だったのですが、とりわけ、石鹸の型を見てまわるのはとてもおもしろかったです☆
たかが型なのですが、私にとってはされど型!
金型、ペーパーモールド、木製型、シリコンモールド、アクリルモールド・・・沢山の種類があります。
どれもそれぞれ特徴があるので一概にどれがいいとはいえないのですが、作りやすい型、デザインしやすい型、使う人が使いやすい型・・・という点で選んだ結果、私は専ら、アクリルモールド派なのです。
市販の型も使っていますが、やはり長年石鹸を作っていると「ここがこうならいいのに・・・」とか「あと数ミリ大きい方が・・・」とか色々わがままになってくるのです^^;
そこで、当店では私のわがままを叶えてくれる石鹸の型をオーダーして作っていただいています☆
どうしても販売用だと一度に作る量が多いので型も大量になるのですが、実は人気の型って自然と決まってくるんですよね。
そうなるとなかなか石鹸のバリエーションに乏しくなるんです。

バリエーションに乏しくなるということは、こちらのアイディアも煮詰まってしまって悪循環・・・
こんな状況は避けたいと思い今回久しぶりに新たに型の製作を依頼し、納品になったのです^^

んー早速どんなデザインにしようか、どんな素材を使おうかとてもワクワク☆

まだまだ欲しい型はあるので徐々に入れ替えて行こうかと思っています^^

ご注文
ご注文はこちらからお願いします

☆必読☆
ご注文の前に必ずこちらをご一読いただき、
ご理解、ご同意の上、ご購入をお願いいたします。

・お客様にご理解いただきたいこと
・イケダマルセイユ。の手づくり石鹸について
・イケダマルセイユ。の石鹸の材料について

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
皆様の1クリックが励みになります♪

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


広告

石鹸ギャラリー